女性の病気の症状はおりもの異常や子宮からの異常が多くみられます。いち早く発見をしましょう。

女性の病気で知っておくこと

女性特有の病気、子宮内膜症

女性特有の病気、子宮内膜症。

女性であれば一度はこの病気の名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

なんせこの女性特有の病気、子宮内膜症は、月経のある女性の10人に1人は罹っていると言われている病気です。


この女性特有の病気である子宮内膜症は、簡単に言えば、本来子宮内にしかない子宮内膜が子宮以外の場所に出来てしまうという病気。

卵管や卵巣など骨盤内で起こることが多いようですが、希に肺などにも出来ることがあるそうです。


症状としては、月経の都度ひどくなっていく月経痛が主ですが、性交痛があることも。

ただ、中にはこの女性特有の病気に罹っているにも関わらず、症状が全くないという人もいます。

これが、この女性の病気の厄介なところでもあるのです。

続きを読む »

女性は皆、女性の病気の悩みを抱えてる

女性ならではの病気、女性ならではの体調不良…。

ちょっとした不正出血や月経異常、月経痛や性交痛など小さなものまで含めたら、女性は皆女性特有の病気の悩みを抱えているもの。

ただ、なかなか人には言えない悩みであることも、女性特有の病気ならでは。


そんな女性の病気の悩みを解消してくれる本があります。

「女性だから気になる病気」というPHP研究所から出版されている本です。

続きを読む »

泌尿器科にかかるべき女性の病気

女性の病気と言えば婦人科にかかるもの、と思いますよね。

女性特有の病気であれば、大半はそうなります。

でも、女性に多い病気で、婦人科以外にかかるべき病気もあります。

その代表的なものが膀胱炎なんです。


膀胱炎は女性に本当に多い病気です。

尿道から大腸菌などの細菌が膀胱に入り込むことで膀胱炎を引き起こすのですが、女性の場合は尿道が短いため、細菌が膀胱に入りやすいのです。

膀胱炎は女性がかかりやすい病気とも言えます。


症状としては、排尿時の痛みや不快感、頻尿などがあります。

ひどくなると血尿が出ることも。

続きを読む »

女性の病気の症状

女性特有の病気というものは色々とありますが、それぞれに病気のサインとも言える症状があります。

思いあたる症状があるのなら、女性特有の病気だと疑って、早めに婦人科にかかるようにしましょう。


外陰部がはれたり、かゆみがあったり、ほてったりする。この症状で考えられる女性の病気は、外陰炎です。


月経開始直前から、下腹部痛・腰痛が起こる。ひどい時には、吐き気やめまい、頭痛なども起こる。

この症状で考えられる女性の病気としては、月経困難症です。

続きを読む »

CATEGORY

COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
DTI ブログ