女性の病気の症状はおりもの異常や子宮からの異常が多くみられます。いち早く発見をしましょう。

女性の病気で知っておくこと

女性の病気の症状

女性特有の病気というものは色々とありますが、それぞれに病気のサインとも言える症状があります。

思いあたる症状があるのなら、女性特有の病気だと疑って、早めに婦人科にかかるようにしましょう。


外陰部がはれたり、かゆみがあったり、ほてったりする。この症状で考えられる女性の病気は、外陰炎です。


月経開始直前から、下腹部痛・腰痛が起こる。ひどい時には、吐き気やめまい、頭痛なども起こる。

この症状で考えられる女性の病気としては、月経困難症です。


月経の血量が多い、おりものが多い、貧血やめまい、お腹がはったり腰が重い、頭痛や腰痛がある、不正出血がある…などの症状が複数現れるようであれば、疑うべき女性の病気は、子宮筋腫です。


セックスの後に出血する、おりものに血が混ざっている、排尿時に痛みがあったり、骨盤付近が痛い。

こういった症状から考えられる女性の病気は、子宮がんです。


ひどい月経痛、下腹部痛、腰痛、性交痛がある。

頻尿気味だったり、たまに血尿があったりする。

こういう症状であれば、子宮内膜症という女性の病気の疑いがあります。


どうでしょう?簡単にいくつか女性特有の病気について、症状を取り上げただけでもこんなにあります。

そして、どれもこれも自分で気付いてあげられるサインばかりです。女性の病気から女性の体を守るのは、女性である自分自身。

悩むよりまずは婦人科を受診することをオススメしますよ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://xycx5eo8.dtiblog.com/tb.php/2-612d227c

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2011/02/25
  • TOP

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2011/10/30
  • TOP
CATEGORY

COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
DTI ブログ